レッスンスケジュール

通常クラス

水曜日
10:00~11:00  

17:00~18:00     満席

19:00~20:00  ※残り1席

20:10~21:10
 

土曜日
15:40~16:40  満席

お月謝

入会金 5,500円 

お月謝(学生・社会人)

①速読解力講座        5,720円/月4回

②速読解・思考力講座     6,160円/月4回

③速読聴英語講座       6,050円/月4回

④速読解思考力+速読聴英語講座  7,810円/月4回

        

3カ月コース 18,500円/全12回(①~③)
        23,000円/全12回(④)

 

振替システム

速読教室のすべてのクラスに振替できます。

振替の予約は、スタジオキラリの携帯サイトをご利用ください。
いつでも自由に、お休み・振替の操作をおこなえます。
※お電話、担当講師への予約も可能です。

TERRACEご案内

当校では、速読トレーニング教材に日本速脳速読協会の「TERRACE」を取り入れております。速読トレーニングなら、全国導入数NO.1の協会です。


日本の教育はいま、入試改革や学習指導要領の改訂を通して、「読解力」「思考力」を重視する方向へと変化しています。「知識量」だけではなく、「文章や資料を速く正確に読み解く力」「物事を論理的に考え正解を導き出す力」が求められています。授業や教材の変化に対応していくために、子どもたちの基礎能力の向上がさらに大切になってきます。

速読解力講座


学習や受験に役立つ!速く正確に読み解く力を鍛える
一人一人の読書速度に合わせた速読トレーニングを通して、文章や資料などのたくさんの情報を処理する「読む力」を鍛えます。また、言葉の意味や働き、文章の仕組みを正しくつかみ、内容を理解する「読解力」も培っていきます。

 

思考力講座

論理的思考につながる、算数脳を育み考え抜く力を鍛える

思考力とは、問題解決の過程を考え、最適な選択肢を判断する力。これからの社会で活躍する子どもたちに大切な力です。トレーニングで伸ばしたいのは、物事をさまざまな角度から見つめ、考えをまとめる力、そして、自分の意見を論理的に説明できる力です。計算やクイズのように反射的に解ける問題ではなく、よく考えないと解けない問題に取り組むことで、考え抜く力をトレーニングします。

速読聴英語講座

速く正確に読む・聴く力を鍛える

速読聴英語講座では、これからの英語教育や入試に対応するための「読む力」と「聴く力」を鍛えます。英文を前から理解するためのリーディングとリスニングの2技能に特化したトレーニングで、英語長文読解力を身につけます。


是非コースチェックテストをお試しください

おすすめの社会人速読
仕事力・学習力を高める速読解力を鍛える
速読は社会人の業務処理能力アップや試験学習にも役立ちます。パソコン・タブレットを使って、速読に必要な5つの力「全体把握力」「思考力」「理解力」「記憶力」「検索力」を鍛えます。

読書量が増えることで、幅広い知識が身につく!
休日のちょっとした空き時間を活用し、読書量を増やすことができます。読書速度が上がれば、より多くの本を読むことができ、読解力の向上にもつながります。

トレーニングの一部をご紹介

通常トレーニング

思考力

中学生向け教科トレーニング


体験記

小学4年生 Oくん

読書の苦手だったOくんも、1年半の通学で読書速度7.2倍に
なりました。

初回読書速度  251文字/分
3か月後    619文字/分  読書速度2.4倍達成
6カ月後     839文字/分  読書速度3.3倍達成
1年後    1102文字/分  読書速度4.3倍達成
1年半後    1830文字/分  読書速度7.2倍達成

 

小学5年生 石塚結愛さん

勉強の得意な結愛ちゃんも初回読書速度は、平均速度でした。1年半の受講で、7.9倍になりました。

初回読書速度  369文字/分
3か月後    930文字/分  読書速度2.5倍達成
6カ月後    1019文字/分  読書速度2.7倍達成
1年後    1364文字/分  読書速度3.6倍達成
1年半後    2924文字/分  読書速度7.9倍達成


速解力検定では中学難関校合格レベルの4級

TERRACE Q&A
速読で理解度は落ちないのですか?
落ちません。

トレーニングでは常に『理解度』を重視しているため、それに基づいたトレーニングとその成果を確認する検定を実施しています。

ずっとパソコンを見ていて目が悪くなりませんか?
大丈夫です。

パソコンの画面を見ているときも風景を眺めているような自然な見方で見ていれば、目が疲れたり悪くなったりすることはありません。むしろトレーニングで目をよく動かすと、目の周りの筋肉がほぐれ、視力が回復したり、眼精疲労が緩和される可能性が高いのです。

講座が終わっても、速読力は落ちないのですか?
落ちません。

速読の力はテクニックではなく、体得するもの(繰り返し練習を行い、方法を体に覚えさせるもの)です。いったん速読力が定着すれば、本を全く読まなかったりしない限り、失ってしまうものではありません。

週1回と2回で効果の違いはありますか?
週1回でも効果は出ます。

筋トレと同じように、できるだけ前回のトレーニングから期間を空けないほうが成果が出やすいです。ただ、週に1回で効果が出ることが実証されていますので、スケジュールに合わせて無理のない範囲で受講してください。

TVなどでよくある「パラパラめくって読める」ようになりますか?
なりません。

速読トレーニングは飛ばし読み・斜め読みではないので、すべての文字がきちんと見えていないパラパラ読みは行っていません。

どのくらい続ければ良いですか?
1年以上をおすすめしています。

目標数値にもよりますが、ある程度高いレベルでの定着を目指すものであれば、1年以上の受講をおすすめします。入試直前に短期間でトレーニングを行っても効果は期待できますが、スピードへの意識を変えるという意味合いのほうが強くなってしまいます。やはり1年ほど継続して速読力の定着を目指したほうが、長期的に見てメリットは多いです。

速読は入試に役立ちますか?
役に立ちます。

入試問題の文字数をリサーチしてみると、有名中学入試(国語)では、問題文・設問すべて含めて約10000文字前後、大学入試センター試験では約22400文字でした(年度により変動はあります)。読書スピードが上がれば問題を読む時間が短く済みます。したがって、解答に必要な時間が大幅に増えます。試験という限られた時間の中で実力を100%発揮するカギはスピードにあるともいえます。

英語も速く読めるようになりますか?
可能性はあります。

トレーニングは日本語で行いますが、英単語力・英文法力があれば、英文を速く読めるようになることも十分可能です。速読の力は語彙力、文法力、背景知識の量に大きく依存します。まずは単語・熟語など英語のボキャブラリーを増やし、スムーズに文章を読めるだけの文法力や構文力があってはじめて速読力が英文にも活かされます。これは、外国語に限らず日本語の専門書などの場合も同じです。